エンターテイメントって何?身近なのはTV?

エンターテイメントってよく聞く言葉だとは思いますが、どういう意味なのかというと日本語では「娯楽」と訳するのが一般的です。芸能、スポーツ、演劇、映画、ショー、音楽、など各種催し物から風俗、ギャンブルまでを広く含んでエンターテイメントと言います。個人の趣味楽しみごと一般全てエンターテイメントなのです。ちなみに「エンターテイナー」は、「芸人」「芸達者な人」「人を喜ばせる芸の披露を職業とする人」のことです。その中でも私たちにとって一番身近なエンターテイメントといえばやはりTVなのではなのかなと思います。TVといえば2011年7月にアナログ放送から地上デジタル放送に移行しました。その事によりニュースや天気予報や電車の運行情報等をリアルタイムですぐに知る事ができとても便利になりました。さらに今まではチャンネルを付ければ無料で観れる(NHKは受診料の支払いがありますが)ものからBSやCSなどアンテナを取り付けて視聴料を支払って観る(これは以前からありましたが)ものがもっと増えてきている事により好きな映画を好きな時に観れるチャンネルや音楽番組を一日中やっている番組、スポーツ中継をリアルタイムでやっているチャンネルまたリアルタイムでお芝居なんかもTVでみれるようになりました。またインターネットと連動すればさらに色々な事が出来るようにもなりました。また、TV自体も進化を続けています。3DTVをはじめ、24時間全地上波放送の番組を録画できる機能のついたものや好きな俳優・アイドルが出ている番組を全て録画してくれるものなど色々なラインナップが揃ったTVが各社から販売されています。特に便利な機能といえば誰も観ていないと認識した時は勝手に消してくれる機能です。これは省エネにもつながるのでとてもすばらしい機能だと思います。この先のさらなるTVの進化にも期待したいです。